R

esearch

多様化するブランディングの課題解決に向けて

幅広いブランド調査サービスを提供します。

マーケティング調査

マーケティング調査は、目的や内容に応じて定量調査・定性調査を使い分けることが重要です。これらの調査には様々な手法があり、調査期間や予算、条件などに応じて調査設計します。

定量調査とは、結果を数値や量などの定量データで把握し集計・分析する調査で、アンケート票を作成し、アンケートに回答してもらう調査です。ターゲットの態度や行動を量的に把握するもので、主に「仮説の検証」に使われます。
また、定性調査とは数値や量で表現できない言葉や行動などの質的データで把握し分析する調査で、インタビュアーの質問に、口頭で答えてもらう調査です。態度や行動に加え、心理や意識を探ることが中心で、主に「仮説の構築」に使います。

<例>

・大手食品メーカーの戦略商品のマーケティング調査支援

・グローバルB2B企業の戦略商品のマーケティング調査支援

・地域中小企業の戦略商品のマーケティング調査支援

 

マーケティング調査のご相談はお気軽にお問い合わせください。

ブランド調査

ブランド調査は、社名・商品名などのブランド名や社内でつくられたブランドネーミングやロゴデザインが顧客や一般生活者(社会)で使用された場合、ブランドネーミングやロゴデザインとして受容性があるのかを、国内外で定性調査・定量調査を行います。
私たちはブランド調査の精度を高めるために、調査対象のブランドネーミングやロゴデザイン開発に際し、企業の意志(どのようなブランドになりたいか)や顧客のニーズ(ブランドに何が求められているか)、社会の期待(ブランドに何を期待しているか)を明確にします。

​<例>

・大手IT企業のグローバルAIブランド調査支援

・大手自動車メーカーのグローバル戦略商品のブランド調査支援

・ベンチャー企業のブランド調査支援

ブランド調査のご相談はお気軽にお問い合わせください。

ネガティブ言語調査

社名・商品名などのブランド名や社内でつくられたブランドネーミングが特定の国や地域で使用された場合、言語面でネガティブな意味やイメージを連想しないかを、ボキャブラリーの豊富なネイティブスピーカーによりチェックを行います。その言語対応数は世界60言語におよびます。

​<例>

・大手家電メーカーのコーポレートブランドのネガティブ言語調査支援

・大手食品メーカーのグローバル戦略商品のネガティブ言語調査支援

・大手化学メーカーのグローバル戦略商品のネガティブ言語調査支援

・大手自動車メーカーのグローバル戦略商品のネガティブ言語調査支援

・ベンチャー企業のコーポレートブランドのネガティブ言語調査支援

ネガティブ言語調査だけのお申し込みも受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

Contact

ブランディングをご検討中のお客様をご紹介できる方の登録をお待ちしています。

お急ぎの案件は、直接のご連絡もお待ちしています。

TEL:03 6717 4055(代表)

営業時間:9:00-17:00(土日祝日除く)

人的ネットワークを活かした副業にも活用いただけます。

お客様のご紹介をお待ちしています。

Copyright © Brand Associates Japan Inc. All Right Reserved.

BA_logo.jpg